営業 上中の住まいづくりレポート!第二弾


こんにちは!WAKUWAKUハウス営業の上中です!

前回の住まいづくりレポート第一弾に引き続き、第二弾です!

今回はいよいよ着工!

基礎が出来上がる様子を書いていきます!

 

まず、基礎を造る部分を整地していきます! 
次に、湿気が基礎に上がってこないうに、防湿シートをかぶせます!


そして、シートの端の部分にあたる所にコンクリートを、流して終了!

平成28年の我が家の着工は、ここまでで終わりました(笑)

さて、年が明け、早々に配筋工事に入りました!
写真は、配筋の検査に立ち合った時のものです!

ちなみに弊社では、第三者機関による検査の実施を行っています!人が行う事ですので、自社の検査だけでは見落としがあったり、どうしても甘くなることが少なからずあると思います。そういった部分を第三者機関に検査・指摘いただき、図面に忠実な施工を行っています!また、建築基準法以上の基準を自社で設け、その基準に適合しているかの検査を行いますので、質の高い家に仕上がります!





見る人が見るとわかる!鉄筋の量と太さ!

もちろん、検査の費用は弊社が負担して行っていますよ!


そして、コンクリートを流し込む為の型枠が設置されていきます!


右が基礎の底となる部分にコンクリートを流し込んだ写真です!


後は、残りの立ち上がり部分の鉄筋に型枠を設け、コンクリートを流し込むと基礎の完成です!

ちなみにこの工程は『ベタ基礎』の手順ですが、弊社はベタ基礎標準です!


『基礎』というのは、何事においても最も重要な部分ですよね!

家においては、後でやり直すことが絶対にできない部分でもあります。基礎のやり替えなんてもう建替えですよ(;´・ω・)

なので検査も厳しいものになっています!お施主様にとってはとてもありがたいですね!!

 

さて、第二弾では基礎が完成しました!何もなかった場所に、こんなに正確に何かを造るなんて、いつもながら感心します。

次回からは、『土台敷き~上棟』を書いていきたいと思います!