住宅購入までの一般的な流れ

1.情報収集
まずはざっくりと希望エリアの物件の相場価格などをチェックしてみましょう。物件をチェックしているうちに、条件が固まってくることもあります。少しずつ条件を絞って、気になる物件をチェックしていこう。

2.問い合わせ・物件見学
気になる物件の問い合わせ先の会社に連絡して、物件見学。おおよその相場観も把握できるかも。

3.住宅メーカー、工務店選びなどパートナー探し
住宅フェアやチラシ、近隣で評判の工務店、信頼できる紹介などを元にパートナー探し。

4.打ち合わせ・購入の意思表示
理想のお家づくりのパートナーに出会えたら、具体的に話を進めていきます。

5.住宅ローン事前審査
購入の意思が固まったら、申し込みと同時に住宅ローンの事前審査を受けるのが一般的。実際に住宅ローンを組むことができるか、いくら借りられるのか、金融機関による事前審査が行われる。これに通らないと契約に進めないので、無理のない資金計画をたてましょう。

6.重要事項説明と契約書の確認
契約を前に、売買する物件や契約内容について、きちんと確認する。可能ならば、契約日より前に、「重要事項説明書」や「契約書」などコピーをもらって、事前にしっかり読み込みましょう。

7.契約
いよいよ正式に契約。重要事項説明書や契約書の内容を把握し、不明点や疑問点はしっかり質問して、理解・納得したうえで、署名。

8.住宅ローン申し込み~ローン契約
売買契約が成立したら、住宅ローンの申し込みを正式に行う。その後、金融機関による本審査、承認、正式なローン契約(金銭消費貸借契約)となる。

9.残金決済
購入価格から手付金を引いた金額すべてを支払う。残金の支払いが確認されたら、物件の引き渡し。

11.引渡し・入居
住宅ローンの決済後、マイホームの引き渡し・入居。鍵を受け取るほか、司法書士によって不動産の所有権移転(新築の建物は所有権保存)登記が行われる。入居の翌年には、確定申告で住宅ローンの控除申請も必要。

WAKUWAKUが提案する家づくりのながれ

ファィナンシャルプラン

マイホーム購入に欠かせない資金計画。その前に!お金の不安を取り除きましょう。
安心して家を購入するために、後で困らないために、初期段階でライフプランを設計することをお勧めしています。

ライフプランとは人生設計

妊娠・出産・子どもの進学・退職・・・など、人生にはさまざまなライフイベントがあります。 ご自身がどんな人生を生きたいか、家族の夢は?やりたいことは?
家族で人生の設計図を思い描き、描いたライフプランを実現するためにはどのような準備が必要かを一緒に考えましょう。

家のローンを考える前に

どのタイミングでどれくらいのお金が必要になるのかが具体的に見えてくると、安心して家を購入することができます。