ずっと 家族全員に 優しい家

 

松原市にお住いの

お子さん二人とご夫婦の4人家族のFさんご一家

出来立てのお家にいよいよ入りますよ~

 

建てたお家に安心して住んでくれているかな?

 

実際に建てた家に住んでみて

Fさんに当時の様子を少し振りかえっていただきました。

 

家づくりのきっかけどんなことですか?

 

Fさん:

賃貸は自分仕様ではないし、ずっとお金を払っても自分のものにはならない。

老後の生活が不安でした。

注文住宅だと自分仕様かつ自分のものになるので、
老後の不安がひとつ消せるかなと。

こういう記念イベントも注文建築ならでは

 

WAKUWAKUハウスと出会う前に
自分なりにしていたことはありますか?

 

Fさん:

RoomClipというお家のアプリを見るのが好きで、よく見ていました。

『これいいなー』や『自分だったらこうしたい』など、しょっちゅう考えていました。

 

Room Clip

 

WAKUWAKUハウスとはどんなキッカケで?

 

Fさん:

実家に向かう時、建築中のかわいいお家があるなぁと気になっていた時に、ちょうど見学会のチラシが家のポストに入っていて、見に行ったら自分の好みとドンピシャで、その時は正直すぐ建てる予定はなかったのですが、どんどんひきつけられていきました。

 

当初からのこだわりPOINT、
思い描いていた要望などはありますか?

 

Fさん:

・家族全員が住みやすい家

・年をとっても住みやすい家

・見た目をスッキリさせたいので、とにかく収納を多く!!

・災害時、避難所に行かなくても良い家

 

打合せが進んでいくなかで、
要望や想いが増えたこと、変わったことはありますか?

 

Fさん:

年をとっても介護しやすいように、過ごしやすいように。

リフォームをしなくてもこのままオシャレな家のまま過ごせるようにと、
ずっと先の事も考えて、たくさんアドバイスを頂きました。

納得のいくお家ができて、とても満足しています。

 

『こんな家は絶対嫌や!』
というような想いはありましたか?

 

Fさん:

今年(2018年当時)は、とにかく災害が多かった年なので、

簡単に災害の時に壊れたりするような家は嫌です。

私たちは被災した時に、避難所に行かなくても安心な造りの家が良いと思って建てました。

家族を見守っててね。の願いを込めた
家族みんなの手形

 

WAKUWAKUハウスからの提案で取り入れたものは?

 

Fさん:

RoomClipでたくさん見ていても、自分の家となると

迷子になって困ることも多かったのですが、

若い方はもちろんの事、社長さんも現場監督さんもおじさんなのに(←スミマセン・・・)

とてもセンスが良く、オシャレで強度の事も考えた答えが返ってくるので、

とてもとても助かったし、勉強になりました。

 

建てたお家のこだわりPOINTを教えてくれますか?

キッチンそばの壁をマグネット壁に

 

Fさん:

壁に穴を開けずに、子供がもらってくるプリントやお便り、カレンダーを貼れる‼

収納したら視界から消えて忘れてしまう・・・
大事なお便りはココ!

 

収納は多く

 

Fさん:

物を見せずにスッキリ過ごしたい。

地震が起きた時、物を扉の中にしまっておくことで
床に物が飛び散らず、少しでも安全に!

 

LDKにある大型収納は散らかり防止にうれしい

 

 

最初からきちんと用途を考えた仕切りは収納量を無駄にしない

 

小あがりの和室

 

Fさん:

ホッと落ち着ける空間。

小あがりになっているので、チョコンと腰掛けられるし、立ち上がるのも楽。

そして下には収納までとれちゃう!

 

小上がりだから生まれる、うれしい収納スペース

 

バリアフリー&スイッチを低め

 

Fさん:

広いトイレ&引き戸・・・

将来介護が必要になっても(車いすetc・・・になっても大丈夫)

バリアフリーだから安心だし、

スイッチが低いことで、子供たちも自分で手が届くし、いつまでも楽に過ごせる!

 

これだけ収納があればいつもキレイが保てます。
トイレに使うのがもったいないほどオシャレな木のカウンター

 

土間収納

 

Fさん:

家の中に外の物を持ち込まない。汚れないし便利!

玄関もスッキリします。

 

スロープ、手すり

 

Fさん:

玄関にスロープを付けたことで、バギーや車いす、
重い荷物も台車のまま玄関に入れることができて良い!

 

右側面のスロープ。
みんなに優しく、長く住める秘訣

 

太陽光発電や白アリ対策など

 

Fさん:

この先30年の間に強い地震が来ると言われているので、とにかく災害に強い家を。

地震がくる時、主人が家にいる時だとは限らないし、
小さな子と荷物を抱えて避難所に向かうのは大変。

避難所についても周りに気をつかいながら不便な生活になるので、
それよりも災害に強い家を建てて、自分たちが必要なものを揃えておいて、
避難所には出向かず、お家で過ごすという選択肢ができるのは
とても良いことだと思う。

 

シロアリに食べられない【緑の柱】で構造も不安なし

 

あふれる想いを語っていただき
ありがとうございました‼

 

土地探しでも波乱万丈がありましたし、

この夏一番の暑さの中行った地鎮祭は大変でしたが

 

建ち終わってみるとすべてが良い思い出ですね。

 

暑すぎて熱中症にならないか心配だった地鎮祭

 

こんなにたくさんのあふれる想いを込めた家を

一緒に建てさせて頂き、スタッフみんなうれしく思っています。

 

これからも家族仲良くお過ごしくださいね!

 

このお家で思い出をいっぱい作ってね