七夕の後、考えたことある?

願う事は変わっても、願う心は変わらない

 

 

“サッカー選手になれますように”

小学校の時は短冊にそう書いていた、

マナベです。

 

大人になった今は

 

“家族が笑顔で健康がいつまでも続きますように”

 

です。 ベタですいません。。

 

モデルハウスに笹を飾って

お客さん、業者さん、もちろんスタッフも

みんなで短冊に願いを書いてもらおう。

 

と始まったWAKUWAKUハウスの七夕企画。

(笹の意外な入手ドラマは こちら から)

 

願いは人それぞれ

 

親が願う【家族の健康】

人には言えない【秘密のプライベートな願い】

多くのお客さんが願った【素敵な家が欲しい】

超個人的な【ささやかな願い】

 

などなど

 

モデルハウスに来られたお客さん

業者さん、通りすがりの人、スタッフ

 

予想を上回る人にたくさんの

願い事を書いていただきました。

 

こういう季節の風物詩はやっぱりいいよね。

 

やって良かった!と、七夕当日までは

充実感に浸っていたのですが

 

当日の朝にある不安がよぎりました。

 

七夕の後、短冊どうしたらいいの?!

 

という事でネットで検索した結果、

 

“一般的には生活ゴミとして出す”

 

多くのサイトで、そう書かれていました。

 

 

“え…?マジで言ってんの?!”

 

 

願いを書いている短冊は

他のゴミと混ぜて捨てるのは嫌だし、

絶対願いが叶いそうにないですよね。

 

 

その時私、ピーンときました!

 

 

地元の神社でお焚き上げしてくれないかな?

 

・住吉区内の工務店である事

・お客さんに書いてもらった短冊だという事

・それをお焚き上げしてもらえないか?

 

という旨を朝から

色々な住吉区内の神社へ電話すると

 

現実には簡単には引き受けてもらえず

なかなかYESと言ってもらえないんです。

 

ホンマにどうしよ…

神社にこういうお願いは無理なんかなぁ?

 

あきらめかけるぐらい断られ続けました。

 

するとスマホに不在着信が入っているのに

気が付きました。

 

番号を調べてみると、

電話を掛けたけどつながらなかった

神社からでした。

 

その神社は

長居公園の近くの住宅街にひっそりと佇む

 

神須牟地神社(かみすむぢじんじゃ)

 

からの不在着信でした。

わざわざ折り返しかかってきたんです。

 

なんか知らないですが、

折り返しかけてきてくれるところなら

もしかして!と思い電話をしてみると

 

 

『いいですよ。』

 

 

と、快くOKしていただけました。

 

この時点ではどこにも受け入れてもらえず

困っているという事を伝えていませんでした。

 

短冊をさっそく封筒に入れ、

宮司さんに会いに行ってきました。

 

 

 

宮司さんとお話出来た時に

 

どこにも受け入れてもらえず困っていました

優しい神社で本当に助かりました。

 

とお礼を言って帰ってきました。

 

この宮司さんはおそらくですが、

特別な事をしているつもりは

なかったと思います。

 

宮司の当たり前のレベルが高い

 

神社も企業と同じで

神社によって全然対応も違い、

とても勉強になりました。

 

快くOKして頂いた宮司さんの表情は

親切のかたまりでした。

 

 

大げさですが、神様に見えました。

 

 

神社で働く人自体も神様のよう。

これだけの説得力はありませんよね。

 

ウチもこういう心持ちで

お客さんの“困った”に向き合いたいです。

 

短冊をお渡しするだけの用事のつもりが

接客の勉強にもなりましたし、

本当に助かりました。

 

この恩は忘れてはいけません。

宮司さん本当にありがとうございました。

 

これでみなさんの願いは必ず叶いますよ!