【収納】10年先も散らからない家にする方法

収納で悩んでいる人が多すぎる

家を買おうと思う理由は人それぞれバラバラです。

賃貸の部屋を脱出して家をたてるぞー!

検討しているお客さんに話を聞いてみると、色んな理由があることがわかりました。

  • 家賃がもったいない(お金)
  • 子供が出来て部屋数が足りない(間取り)
  • 収納が少ない(間取り)
  • 上下左右の部屋の人に気をつかう(音)
  • カビがすごい(掃除)
  • 設備が古くて使い勝手が悪い(間取り)

こういう悩みを解決したいと思って、工務店やハウスメーカーに色々相談されると思います。

それもなるべく予算内で希望を叶えたい!

という事で、まずは色んな会社の情報を集めます。

失敗はできないので数社の会社を慎重に比較・検討します。

その内から決めた1社と打ち合わせを何度も何度も重ねます。

そして納得いく形になった時にこれで良し!

デザインも、間取りも、構造も納得できた!!

という人に、大手某住宅サイトの入居後のお客さんアンケートの結果によると、意外な結果が出たのです。

 

 

住宅購入後のしまった!ランキング1位【収納】

配線計画(スイッチやコンセント)や採光(光の入り方)防音(音の出入り)を抑えてトップはまさかの【収納】でした。

今の賃貸の部屋は物であふれているので【収納】は大事!

とわかっているのに、次の家でも失敗した!と感じている人が半数以上いるのが現実です。

収納にこだわったはずなのに、これはちょっと大問題。

収納スペース以上に物があると絶対に家は散らかってしまいます。

物は増えていきますので、今ある荷物をそのまま収まるだけの収納を考えたのではダメという事が分かってきました。

 

収納は量だけ多くてもダメ

今だけに焦点を当てるのではなく、家族が持つ持ち物が10年後どうなるのか?

これをキチンと考えないと収納は破綻してしまいます。

収納が破綻した家だと家族みんながイライラしてしまい、家族みんなが笑顔で幸せに暮らすことから遠ざかってしまいます。

  • 下駄箱に靴が入りきらず玄関が靴だらけ
  • ダイニングテーブルの上が荷物だらけ
  • 何もなかった壁がDIYで組み立てた収納棚で埋め尽くされていく
  • 小物をどこに直したか分からず、何度も同じ買い物
  • 片付かないのは買いすぎるママのせい!とママが悪者になってしまう
  • 片付け方が悪い!とつい子供を怒鳴ってしまう
  • 服が入りきらず、クローゼットが閉まらない
  • パパの本やフィギアコレクションを直すところがない

こんなことになってしまうと、あなたも家を建てた後に収納でしまった!となってしまう可能性があります。

 

未来を予測する収納計画とは?

  • 10年先、家族はどれだけの量の荷物を持つのでしょう?
  • 今、あなたの家族はどれだけの荷物を持っているのでしょう?

この二つをキチンと把握することから家の収納計画は始まります。

間取りでよくあるこんな打ち合わせ

玄関に土間収納は2帖で、ファミリークローゼットは3帖。

子供部屋は1帖づつのクローゼットで、夫婦の主寝室には2帖のウォークインクローゼット。

パントリーもあって洗面所にも収納があります。

 

設計士『収納はこれだけタップリとってますが。』

 

「これは理想に近いですね!いい感じ!」

 

一見、良い感じの打ち合わせのように感じますが、この会話でも収納落とし穴ポイントがいくつも隠されています。

しかし、実際の打ち合わせではこのような感じで進んでいくのが事実です。

 

あなたの家族の荷物をきちんと収納に収めきるために

今回、東京から収納の先生をお呼びして無料セミナーを開催することになりました。

9/8(日曜日) 堺市産業振興センターにて

今回は【情報誌ぱど】さんでの予約受付になります。

 

子育て真っ最中のママに嬉しい保育ルーム付きのセミナーとなっています。

あなたが欲しい家がもし、【いつでも簡単に片付く家】なら予約してお席の確保をお願いします。

 

収納のプロの先生が来るという事で人気が集中しており、お席が埋まってきています。

25組予約枠に対してただいま残り8組(8/20現在)となっています。

 

【参加方法】

 

こちら から飛んでいただき、確認の上ご予約をお願いいたします。

 

あなたが家を手に入れるまでに、収納の話を無料でここまで深く聞けるチャンスはおそらく2度とありません。

 

あなたのお家が収納計画で失敗しない為に気軽に聞きに来てくださいね。

 

予約・詳細確認