ほとんどの人が気づいていない住宅予算の決め方

あなた自分で家の購入予算を決められるか?

みなさん、おはこんばんちは。

大阪 注文住宅専門の工務店 WAKUWAKUハウス モデルハウス管理人のマナベです。

 

何となくでもいいので、予算はいくらぐらいで考えてますか?」

お客さんなりの考えを、初回の打ち合わせの時に聞くんです。

「3500万円ぐらいで欲しいんです。」

「自分たちの予算は3000万円です。」

「前に相談したところで4000万円と言われました。」

「ネットで見てたら土地の相場が1500万円ぐらいなので、総予算は3500万円で。」

「ローンの事前審査で4500万円は通っています。だけどそんなには…。」

「本当は3500万円までで欲しいですが、土地が高い地域なので、4300万円ぐらいは覚悟してます!」

などなど。

お客さんの住宅検討の進み具合や、価値観によって予算感は本当にバラバラです。

 

注文住宅を建てる時は希望の予算で実際いけるのか?

はたまた全然無理なのか?

 

最初に話していた希望予算は最終的には一体どうなるのでしょうか?!

ここはあなたもめちゃくちゃ気になると思います。

 

希望予算並みで着地できるのか?

予算が上がるのか?

予算が下がるのか?

 

今日のお話は、最後はあなた自身で必ず決断しなければならない重大テーマ。

実際の住宅購入の総予算金額の決定方法についてです。

最初の予算感は“何となく”

マナベ

「何となくでもいいので、予算はいくらぐらいで考えてますか?」

お客さん

『〇〇〇〇万円ぐらいです。』

マナベ

「なぜそう思ったんですか?」

予算感の理由を聞くと、

  • 先に家を買った同僚・友人の話を聞いたのを参考に
  • 不動産屋さんの折り込みチラシを見ての相場観
  • 住宅ローンの事前審査が通った価格を目安に
  • 今の家賃の支払い+1万円までは許せる
  • 毎月の支払いを10万円までに抑えたい
  • 年収から住宅ローンの借りられる額を業者さんから聞いた

だいたいこのような答えが多いです。

 

でも現実にこのままの予算でいけるのか?

自分たちのリアルな予算は一体いくらなのか?

 

ボンヤリ考えていた予算を、実際の自分事の予算に変える作業というのは、実は想像以上に結構大変です。

 

なぜなら人は、“予算内で素敵な家”が欲しいからです。

 

予算内だけじゃ夢が叶わない。

素敵ばかりじゃ手が届かない。

 

なんとなくで立てた予算内では、納得のいく良い家にならない?!

これが分かった瞬間、なんか家づくりってうまくいかないなぁ…私だけこんなに苦しいの?

 

この状況に陥ってしまって家づくりがしんどくなってくる人は、実は多くいます。

 

実際、考えるのを一旦やめて冬眠に入られる方も居るようです。

 

では、こうなったらどうすればいいの?ですよね。

 

ここから先は、実際にしんどい気持ちを抱えている人にこそ読んでいただきたいです。

家の値段をコントロールする方法

ハウスメーカーで建てる、工務店の注文住宅で建てる、建築条件ありの土地でフリープランで建てる。

見た目が同じように見えたとしても、この最初の選択次第でまるで違う家が建ちます。

もちろん家の価格も大幅に変わります。

ここを見落としている人が非常に多いです。

 

  • ハウスメーカーで建てる
  • 不動産業者で建てる
  • 工務店で直接建てる

 

お客さんは家を建てる業者を自由に選べる権利があって、選択肢はたくさんあるけど、偏った考えの方も中にはいらっしゃいます。

家はハウスメーカーで建てるもんじゃないの?

建売(自由設計)分譲地を買うのが普通でしょ!

工務店の注文住宅ってなにそれ?!

それぞれの違いも知らない人がたくさん居ます。

値段コントロール方法は3パターン

①家重視の人は土地の値段を抑える方法

→家は希望通りだけど、立地は我慢。

 

②土地重視の人は家の値段を抑える方法

→立地は希望通りだけど、家の何かで我慢。

 

③両方重視する方法

→立地も建物も満足だけど、予算が上がってしまった。

私の経験上、大幅に予算を超えてしまうのがこの③番目です。

 

実際に一緒に土地から探したり、家の事を勉強していってもらうと、

“良い建物を良い土地で建てたい”

と誰もが③を望みます。

妥協は出来るだけしたくありませんよね。

予算を超えない唯一の工夫

土地を妥協するか、建物を妥協するか。

 

妥協という言葉はあまり使いたくないですが、値段を下げる努力をするという事ですね。

土地の短所は設計でカバー

ウチは工務店ですので、安心して長く住み続けられる。この家にしてよかったぁ。と愛着のわく家を手に入れて頂きたいので、なるべく家に我慢はしてほしくなりませんので、『そりゃ気に入るでしょ?』というような誰しもが気に入る予算感をはるかに飛び越えた土地は紹介しません。

結果、予算を大幅にオーバーして、お客さんを混乱させてしまうからです。

 

高くていい土地を見せておいて、

「残った予算でいい家が建てれるかはわかりません。」

これじゃ話にならないです。

【注意】土地だけを不動産屋さんに依頼するときははっきり予算を伝えましょう。

 

私たちは必ず予算に見合った土地を探すようにしています。

 

一般的には人気のない北向きや、道の狭い土地などでも場合によっては積極的にお勧めする場合もあります。

【裏話】土地を売るか建物を売る業者の違いで、土地を見るポイントが変わります。

短所を長所に変えてしまうような土地のポテンシャルを最大限発揮するような設計を目指します。

 

お客さんが予算で苦しんでいたら、

「こういう方法でちょっと我慢してもらわないとダメだけど、その代わりこういったことが出来ます。」

みたいなご提案をよくします。

お客さんが最初は思いもよらなかった工夫を提案して、それを受け入れてもらってお互いが歩み寄るイメージですね。

 

この価格ではこの土地で素敵な家は無理です。

と言ってしまえば工夫もなく、そこで話が終わってしまいます。

 

それでは芸がありませんし、注文住宅を建てる会社としては失格です。

 

悪魔のささやき“ローンは通りますよ”

とはいえ、“予算内で素敵な家が欲しい”のは痛いほどわかります。

いい土地を見れば一目ぼれもあるし、素敵な建物を見ればマネしたくなります。

 

そこで注意していただきたいのは、

『ご主人の年収なら予算以上にローンは通りますよ?』

という業者さんのささやきです。

 

こういうバージョンもあります。

『月々あと3000円上げると可能ですよ。』

などなど。

 

この誘惑に負けてしまうと、あなたの最初の予算からは大幅に反れてしまうことが確定します。

 

最初は『3500万円でほしいです。』

と言っていたのに契約直前の見積もりは4500万円になっていた。

ここでアカンと思って相談に来られる人もいます。

 

あなたが真面目に一生懸命頑張って働いた証として、予算よりも1000万円以上も上回る住宅ローン審査を余裕でパス出来てしまう現実。

 

誘惑に負けてしまうと、もちろん月々のローン返済金額は増えますので、生活はしんどくなります。

 

契約するのは一瞬。ローン返済は35年間休みなし

予算を1000万円上げて手に入れた満足感や快適さ、幸福感。それと比べて毎月の支払いが割に合えばいいのですが…

35年先まで見通せる人なんて誰もいません。

35年間その幸福感と割に合わなかった場合はどうなるでしょうか。

 

ちょっと怖い話をしましたが、頭の隅に置いておいてほしいのが、誘惑に負けてしまうとこうなってしまう危険があるということです。

 

“立地が良くて素敵な家” は誰もが憧れます。

憧れないといえばウソになります。

 

タイトルにあった

あなたは自分で家の購入予算を決められるか?

 

誘惑する業者さんに負けないで、絶対自分で決めてください。

 

いろいろ打合せした後の着地として納得して多少の予算のアップはオッケーです。

 

【注意】だだし、条件があります!!

 

それは、

35年間1度も滞らずに住宅ローンを返していける

と自信をもって言える金額にすることです。

 

この金額は業者さんには絶対わかりませんので、自分で把握しておく必要があります。

 

把握していると、

『ヨシ、まだあと200万円までのアップはオッケーだ。』

とコントロールが効きますし、危ないときは自分で自分にブレーキをかけることができます。

先ほどの誘惑に負けるようなことも100%あり得ません。

  • 住宅展示場に行く前
  • 土地を探す前
  • 建築業者に見積もりを出してもらう前

とにかく家を買う前に何をおいても初めにしなければならないこと。

それは、ボンヤリではなく自信をもって言える総予算金額を把握することです。

 

注文住宅専門の工務店 WAKUWAKUハウスでは、お客さんに自分の家の購入総予算の具体的な限度額を算出するお手伝いをしています。

 

今まさに家の予算の建て方がわからない!という人は遠慮なくご相談くださいね。

 

業者さんには絶対わかってもらえない、安全に住宅ローンを返せるあなたの唯一の安全予算をコッソリ教えます。

→ 気軽に問い合わせてみる

 

あなたは家づくりにワクワクしてますか?

 

大阪 注文住宅専門の工務店WAKUWAKUハウス