フリーダイヤル0120-83-0909 受付時間9:00~18:00

お問い合わせ

見学申し込み

    • サクッと聞く
    • LINE
    • Facebook
    • Instagram
  • 夏は空き巣が増える季節⋯家づくりに取り入れたい防犯対策 – 大阪/堺市/松原市 注文住宅専門の工務店 WAKUWAKUハウス㈱山喜|家づくりにワクワクしてる?
    0話 知られざるワクワク (会社概要)

    [ブログ]

    これから家を建てる方へのヒントがいっぱい。 なんでも正直に喋っちゃいます。

    夏は空き巣が増える季節⋯家づくりに取り入れたい防犯対策

    2022.07.05

    こんにちは!大阪市で「ワクワクできる家づくり」を手がけるWAKUWAKUハウスです♪

    夏は空き巣被害が増える季節。家の窓やドアを開けておく機会が増え、そのまま鍵を閉め忘れることも多いからだそうです。そこで今回は、家づくりにぜひ取り入れたい防犯対策をご紹介します!

    □1階には掃き出し窓をつくらない
    1階に大きな窓があると侵入しやすい環境になるうえ、立地によってはプライバシー確保が難しくなる場合もあります。そのため、当社では1階にはあえて掃き出し窓は設置せず、横長の高窓をつけることが多いです。身長より高い場所に横長の窓があることで、しっかり採光やプライバシーを確保しながら、防犯対策としても有効になります。玄関ドアもガラス入りのものは使わず安全面とプライバシーを優先し、別の壁に高窓をつけて採光を確保します。

    □ルーバー窓は採用しない
    換気と目隠しを両立できるとして、一時期流行ったルーバー窓。しかしルーバー窓は簡単に割って入ることができるため、防犯面は非常に弱いとされています。「こんな小さな窓から!」と驚くようなところから侵入するケースも多いため、たとえトイレなどの小さな窓でもルーバー窓には注意が必要です。

    □雨樋に「忍び返し」をつける
    最近では2階から侵入する空き巣被害も増えているのだとか。その場合、雨樋をよじ登って2階に上がることが多いのだそうです。その対策としては、雨樋に「忍び返し」をつけるのが効果的。雨樋に先の尖ったバンドを設置し、よじ登るのを抑止するもので、様々な形状のものがあります。また、できるだけ雨樋を窓やベランダ近くに通さない、縦樋の周りに踏み台になるような物を置かないことも大切です。

    □外構を工夫する
    砂利を敷く、センサーライトを付ける、できるだけ死角をなくすなどの、基本的な対策も非常に大切です。また、最近では防犯カメラを設置したり、スマートフォンと連携できるインターホンを設置したりする方も増えています。

    そしてやはり大前提として、「鍵を必ず締める」ことが一番重要! 2階の鍵も忘れず締めるようにしてください。そのうえでできる限りの対策をとって、安心・安全な暮らしを手に入れましょう♪

    ブログを書いたスタッフに話を聞きたい


    This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.

    一覧に戻る