フリーダイヤル0120-83-0909 受付時間9:00~18:00

お問い合わせ

見学申し込み

    • サクッと聞く
    • LINE
    • Facebook
    • Instagram
  • 小さな土地でも大丈夫!都市型住宅の設計ポイント – 大阪/堺市/松原市 注文住宅専門の工務店 WAKUWAKUハウス㈱山喜|家づくりにワクワクしてる?
    0話 知られざるワクワク (会社概要)

    [ブログ]

    これから家を建てる方へのヒントがいっぱい。 なんでも正直に喋っちゃいます。

    小さな土地でも大丈夫!都市型住宅の設計ポイント

    2022.06.14

    こんにちは!大阪市で「ワクワクできる家づくり」を手がけるWAKUWAKUハウスです♪

    当社は大阪市住吉区にあり、周辺では小さな土地に注文住宅を建てたいと希望される方も少なくありません。今回は、当社が都市型住宅を設計する際に大切にしていること、気をつけていることをお話ししたいと思います!

    □3階建より2階建!

    土地が小さいと、その分上に面積を広げていくのが普通の流れ。都市型住宅では3階建の家が建ち並んでいることも多いです。しかしWAKUWAKUハウスでは、極力2階建住宅をおすすめしています。3階建にすると、やはり住んでいるうちに上り下りの手間を感じてしまうことが多いです。老後のことを考えても、できるだけ階段は少ないほうがベター。また、1階が寒くて暗い、3階は暑いということも起こりやすいため、当社では工夫を凝らして2階建の家を設計することが多いです。

    □屋上とスキップフロアのススメ

    2階建にする分、その上に屋上をつくるのもおすすめです。土地が小さいと庭をつくるのは無理だと諦めている方が多いのですが、屋上をつくることでプライベートガーデンのような使い方ができます。時にはバーベキューを楽しんだり、家庭菜園をしたりと、諦めていたおうち時間を手に入れることができます!
    また、空間を平面にせず、上下差をつけたスキップフロアにすることで、広く感じさせる設計法もあります。仕切りや扉がなくても空間にメリハリがつくので、リビング続きで書斎やスタディスペースをつくる際などにもおすすめです。

    □採光と階段の位置に注意

    都市型住宅の場合、両隣との間に隙間がなく、採光が難しいケースも多いです。その場合、中央に中庭をつくって吹き抜けにし、家全体に陽射しを取り込むなどの工夫をします。また、階段の位置にも注意が必要です。家の奥のほうにつけると廊下をつくらなくてはならず、余計なスペースを割くことになってしまいます。階段自体がかなりスペースをとるので、その配置にはとても工夫が必要です。

    土地の形状や方角、家族構成などによって設計のポイントは変わってきます。土地が小さいから⋯と諦めている方も、ぜひご自身が希望する暮らしをWAKUWAKUハウスにお話しください♪

     

    あなたは家づくりにワクワクしてますか?

    大阪/堺市/松原市注文住宅専門の工務店 WAKUWAKUハウス

    ブログを書いたスタッフに話を聞きたい


    This site is protected by reCAPTCHA and the GooglePrivacy Policy and Terms of Service apply.

    一覧に戻る