家づくりしまったランキング1位は収納

収納が足りていないとこうなっちゃう。

 

せっかく建てた理想のお家。いつまでもキレイなお部屋を維持したいですよね。

実は、住宅完成後に引っ越しをしてみたら、すでに収納量が足りずに全然片付かない、という悩みはとっても多いです。

外観やお部屋の広さにはこだわるものの、収納は意外と盲点となりがちです。

一つの部屋が物置状態になってしまったり、廊下に物があふれてしまっていたり、モノが無くなって何度も同じ買い物をするということにならないように “一般的に” ではなく “自分たち家族” の必要な収納量をまず把握することから始まります。

 

 

我が家に必要な収納量ってどれくらい?

WAKUWAKUハウスでは設計前の段階で、収納のプロである「住空間収納プランナー」によるアドバイスをもとに間取りなどをデザインしていきます。

今、何をどのくらい持っているか?だけではなく、お仕事、ご家族の趣味、お子さまの年齢などにより、将来の家族の持ち物の量は大きく変わります。

今だけでなく、将来必要となる収納量のピークを知ることで、10年後もキレイに片づく家を設計することができます。

 

部屋の広さだけじゃなく収納は大切です。

 

女性が暮らしやすい家

働く環境の変化にともない、共働き世帯が急増しています。

その結果・・・

ただでさえ忙しいので、夫婦の家事にかけられる時間は減少しています。

家事を時短できる工夫や、そもそも散らかりにくい収納計画のある家というのは、忙しい共働き夫婦みんなが望む良い家の条件になってきました。

家を建てる前に、家事をどうこなしたいのか?ちゃんと考えることが入居後の快適さを手に入れる秘訣です。

家事がしやすい・物が外にあふれてこない収納の工夫をちゃんと考えたお家の入居後はどうなるか?想像できますよね。

家事をスムーズに出来たり、滅多に使わない物でもちゃんと直すスペースがあったり、使う場所の近くで物をしまえたり、というのがちゃんとできるという事です。

  • 家があなたの生活を楽にしてくれる
  • 家があなたの面倒くさいを解消してくれる

家を建てる前に10年後も片付く収納計画を考えておくと、家事でイライラすることは無くなります。

どの部屋にどのくらいの収納スペースが必要か?

家全体の収納は充分か?

といったことは、これまでは住んでみないと分からないことがほとんどでした。

こういった反省や要望から生まれたサービスが事前の収納診断です。

プロのアドバイスを元に適切な収納量を確保することで家事の負担を減らせる時代となりました。

 

 

なぜ収納で失敗してしまうのか?

  • なぜ収納で失敗してしまうのか?
  • どうしたら片付く家にすることが出来るのか?

社長・営業マナベ・家が大好きヨコヤマさんで大阪 注文住宅専門 WAKUWAKUハウスは収納についてどう考えているのかをyoutubeに撮った動画です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

→こだわり④遊べる屋上がある家も読む