長く住めることへのこだわり

WAKUWAKUハウスは、地震などの災害はもちろん、シロアリなどの害虫被害にも強い家を提供します。

35年ローンを組んだのに、30年で寿命がくるような粗悪な住宅を販売している会社もあるようです。

住宅のプロとして、ご家族がずっとずっと安心して笑顔で暮らせる家を建てることがWAKUWAKUハウスの使命です。

リフォーム現場で見た光景

WAKUWAKUハウスは元々、住宅リフォームを得意とする会社でした。

リフォーム現場で床や壁を剥がすと、シロアリの被害を受けている住宅が多く、ひどいものは住宅としての耐久性を保てず、建て替えや大規模な工事が必要となっていました。

そもそも、シロアリ被害にあいやすい木材が使われていたり、適切なタイミングでの点検や駆除ができていないという状況が日本の住宅寿命の短さを助長していたと言えます。

自信を持っておすすめできるハウスガードシステム

WAKUWAKUハウスが本格的に建築を行うことになった際に、最もこだわったのが、耐久性と安全性でした。

本当の長寿命住宅とは、住んでいる間中「ずっと安全、安心を確保できる物であるべきだ」という信念があります。

家を建てた後は、床や壁を剥がせないため、点検ができません。腐れやシロアリに気付くことが遅れると被害が大きくなるリスクがあります。

WAKUWAKUハウスがたどり着いたハウスガードシステムの家は、新築時の耐久性を保ち続ける「腐らない木(緑の柱)」を使うことで、半永久的に腐れやシロアリ被害の心配がありません。リフォームや建て替え時に余計な出費がなく、数世代にわたって利用できる家をご提供いたします。

実際に見学していただけます

モデルルームにて実際にこの構造をご見学いただけます。

お問い合わせの上、お気軽にご見学へお越しください。