【インタビュー】家族が一生安心して暮らす家を建てたH様の話②ワクワクハウスで家を建てた感想編


皆さんこんにちは!

木と暮らす子育てホメ楽住宅ワクワクハウスです。

ワクワクハウスに来てから、資金セミナーにも何回も参加したH様。2014年の1月にとうとうH様ご家族が一生安心して暮らす住まいが完成しました。お引渡しから約半年後にお伺いしたインタビューの続きをご紹介します。

前回のインタビューはこちらから
→【インタビュー】家族が一生安心して暮らす家を建てたH様のお話①資金セミナー感想編

→【インタビュー】資金セミナーに参加して新築を建てたY様のお話




 

数ある工務店の中からワクワクハウスを選んだ理由

ご主人
まずは、どこで建てるっていう話を始めた時に、兄の紹介なんです。
紹介っていうのはすごい大事。
全く知らない、町中歩いてたら「あっ、ここに工務店あるからここで建ててもらおう」とかいうのはすごい…(怖い)。
出来上がってしまっているお家だったらそれを見て気に入るか気に入らへんかで買うことできるけど、何もない所から相談をかけてやってもらうっていうのが、全然知らない所は怖すぎるかな…。
値段も値段、プラス家族が一生住んでいこうって風に考えている所なんで、人脈と会ってお話しさせてもらった、社長の人柄と工務店さん自身の雰囲気。
「あとはここに任せておけば大丈夫なんやろな」っていう。人柄でしょうね。
人とのつながりっていうのは物を超えているようなイメージがすごいあるんですよね。
人っていう、社長の人柄であったり、社長の人柄で従業員さんの人柄も変わってくると思うんです。
トップに立つ人の人柄っていうのが、すごい、僕は良かったなと思います。
(社長の)第一印象は優しそうな、人懐っこそうな。
色々話していくと「ここはこうあるべき」っていうこだわりをしっかりもってはって。
「そこはそんな安っぽいことしたらアカンよ」とか。
そういうベストの、ここはこうしとかな後で後悔するよとか。
その時は安かったらええわとか、消費者の考えとしたらそういうとこ多々あると思うんですけど、後で後悔するものは売りたくないっていうような所があるんかなぁって言うね。
所々でパッてこだわりを言ってもらって「おぉ、じゃあ社長がそこまで言うんやったらそれに乗っかっとこかなぁ」っていう所すごいありました。
ある程度間取とか、敷地が限られていたんで、こういう敷地の間取りをこうやって欲しいねんって言う所で、ほぼ一回目の提案された時にイメージしてたもんから近いもんだしてもらっているし、要望もしっかり聞いてもらってたっていうのはすごくありました。
(人柄と、技術の他に)誠実っていうものがにじみ出て来てますね。


 


 

ワクワクハウスで建てて、後悔とかはありましたか?

ご主人
ないですね。
買う側の立場から色んな工務店に相見とるのとかもいいとは思うんですけど、そうやっていると一生決まらないような気がするんで。
もうこの人ええなと思ったら浮気はしない方が。
色んな所色んな話を聞いたら後出しジャンケンと一緒で、「今こんな感じです」っていったら「じゃあ、これはどうですか?」って絶対なってくるじゃないですか。
そういう事をやってるとたぶんまともな家なんか建てへんような気がするな…っていうのが。
ひとつでお任せしてっていうのが正解やったと思います。


これから家を建てようと思う方にアドバイス

ご主人
やっぱ、プロの意見を聞くっていうのはすごい大事だと思います。
あとは、現物を見る。
カタログだけ見てあれがいい、これがいいってやってたら、ヘンテコリンな家になると思うんです。
だからお願いしようとしている工務店が施工された家を見せてもらう。
「あっ、こういう風なイメージで建ててはんねんな」
「ここの工務店、こんなところにこだわってはんねんな」っていう、イメージがある程度わかる。
僕も実際そういう所行かしてもらってすごい参考になったんですよ。
「お風呂ってこんないっぱい種類あるけどこれいいやん」とか。
「キッチンこれがいいやん」とか。
実際そうやって実物を触れてみる、見てみるっていうのがすごい大事。
あとは自分でイメージしてこれとこれはこれってやっても、たぶん実際できあがったら変なバランスになってしまうよっていうのは工務店さんからしたらある程度わかると思うんで。
その辺のアドバイスは素直に聞き入れた方がいいかと思いますね。
あっ、これがいいなと思ったものは迷わんと。一番最初のインスピレーションは取り入れて、「これは外さんといて欲しい」「これをベースに他の奴を選んで欲しい」とか。
設計士さんなり施工していただく所の社長さんなりといかにコミュニケーションいっぱいとって。
たぶん、100%は絶対伝わらへんと思うんで、ショールームでも一緒に行って「これをこういう風にしてほしいねん」とか。
いっぱいコミュニケーションとるのがいいと思います。
任したよ~って言ってしまってもまぁまぁいいのはできると思います。ただ自分の気持ちが反映した家になるかどうか。
たくさんコミュニケーションとって、このイメージで!(って)


 



 

(あとは)ショールームはそのものしか置いてないんで、イメージができないんで見学会に行ってみる。
モデルルームは何回か行ったんですけどそのメーカーさんのものでしかやってない事が多いんです。
工務店さんとかのショールームやったらね、自分の所がいいと思ったやつ使うんでしょうけど、メーカーのやつって自分のメーカーしか使わないんで、これと同じやつ建てるとかじゃ億ぐらいになってくるんやろなって…。
自分がお願いしようとしている工務店さんが建てはった所を見せてもらうんがいいと思いますね。
体験しないとわからないです。
工務店さんが押してくる、これはやっといた方がいいって言うのは、絶対なんか良いっていう理由があるんですよ。
工務店さんの利益だけでいいっていう工務店さんやったらお願いせん方がいいと思うんやけど、自分が信用している工務店さんやったら「あなたの所にはこれをおススメします」っていう理由があって勧めて頂いていると思う。
結局(信頼できる)人。
人が作るんで。
お家も。
設計も人やし、住むのも人なんで、人に尽きると思います。
個人的に(社長とは)相性がすごい良いと思います。
良かったです。


 





当時、インタビューに応えて頂いたH様。ありがとうございました!
またワクワクハウスの見学会に遊びに来てださい(^^♪

H様の施工事例はこちらから
→【施工事例】2014年1月 高石市H様邸

WAKUWAKUハウスの施工事例はこちらから
→【施工事例】

WAKUWAKUハウスイベント案内はこちらから
→【イベント情報】